トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS


to

Last-modified: 2016-08-22 (月) 12:53:25
Top / to

AAAランク

to

前置詞

[方向・到着点を示して]〜に,〜へ

方向を示すことが基本的な意味である。

Turn to the left. 左に曲がりなさい。

【注意】

方向を示す前置詞には他に for があるが,to には「到着する」という意味がふくまれている。

He took a train to Kyoto. 彼は列車で京都に行きました。
to Kyoto には京都に到着したという意味がふくまれる。
He took a train for Kyoto. 彼は京都行きの列車に乗りました。
for Kyoto は列車の行き先を示したもので,この文だけでは彼がどこまで行ったかは分からない。
[動作の対象を示して]〜に
I gave the CD to Tom. 私はそのCDをトムにあげました。
[時間・期限を示して]〜まで
I work from nine to five. 私は9時から5時まで働きます。

不定詞(to+動詞の原形)

(名詞的用法)〜すること

名詞と同じように,主語や目的語になる。

It is easy for him to speak English. 彼にとって英語を話すことは簡単です。
この文では,主語の to speak English を文末に移して,it を形式的な主語にしている。
She asked me to go there. 彼女は私にそこに行くように頼みました。

不定詞の名詞的用法と,動名詞( 〜ing )は同じ意味になる。

I like to play soccer. 私は野球をすることが好きです。
I like playing soccer. 私は野球をすることが好きです。

ふつう,不定詞も動名詞も動詞の目的語になることができる。ただし,次のような動詞もあるので,注意しよう。

  • 不定詞は目的語になるが,動名詞は目的語にならない動詞…… wanthope など( want to 〜 ,hope to 〜 の形で覚える。)
  • 動名詞は目的語になるが,不定詞は目的語にならない動詞…… enjoyfinishstop など( enjoy 〜ing ,finish 〜ing ,stop 〜ing の形で覚える。)

<疑問詞+to+動詞の原形>の形で,「〜すればよいか」の意味になる。

He didn't know what to do. 彼は何をしたらよいか分かりませんでした。
(形容詞的用法)〜するための

<名詞+to+動詞の原形>の形で,名詞を修飾する。

Give me something to drink. 何か飲み物を下さい。
「飲むための何か=何か飲み物」の意味になる。
(副詞的用法)〜するために,〜して,〜するのに

動詞を修飾して,目的や原因を表す。

She went to the library to read the book. 彼女はその本を読むために図書館に行った。
図書館に行った目的を表す。
I'm glad to see you. あなたにお会いできてうれしいです。
うれしく思う原因を表す。

<発音> トゥ

<同音語> tootwo