トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS


there の変更点

Top / there

  • 追加された行はこの色です。
  • 削除された行はこの色です。
  • there へ行く。

[[AAAランク]]

**there [#ud7ec45f]
***副詞 [#e98ce683]
 そこに,そこで

:Jane will go there tomorrow. ジェーンは明日そこに行くでしょう。|there で「そこに」の意味があるので,go to there とはしない。

:We lived there for five years. 私たちはそこに5年間住んでいました。|there で「そこに」の意味があるので,lived in there とはしない。

:Let's swim over there. 向こうで泳ぎましょう。|over there 「向こうに・向こうで,あそこに・あそこで」

 (存在を表す)

< there is +名詞(単数) / there are +名詞(複数)>で,「…がある・いる」の意味になる。there は形式的には主語の位置にあるが,実際の主語は [[be]] 動詞の後にある名詞である。(この there は存在を表すだけなので,日本語には訳さない。)

:There is a book on the desk. 机の上に本があります。|a book が単数なので,be 動詞は is

:There are two boys in the room. 部屋に2人の少年がいます。|two boys が複数なので,be 動詞は are

:There were a lot of dogs there. そこに多くの犬がいました。|「そこに」は文頭の there ではなく,文末の there を訳したもの。

:Are there any apples in the basket? かごの中にリンゴが入っていますか。|疑問文にするときは,be 動詞を there の前に出す。答えは,Yes, there are. または No, there arn't.

:How many books are there on the desk? 机の上に本が何冊ありますか。|この文の are there は忘れやすいので,<How many +複数名詞+ are there 〜 ?>の形で覚えておくとよい。

【注意】

< there is +名詞(単数) / there are +名詞(複数)>の形は,不特定のもの・人について使う(初めて話題にするときなど)。~
特定のもの・人については,<名詞(単数)+ is 〜 / 名詞(複数)+ are 〜 >の形にするのが基本である。

:The book is on the desk. その本は机の上にあります。|「その本があるよ」と強調したりするときに There is the book. ということもあるが,The book is 〜 . がふつうの言い方である。
:The book is on the desk. その本は机の上にあります。|「その本があるよ」と相手に注意したりするときに There is the book. ということもあるが,The book is 〜 . がふつうの言い方である。

:Mike and Tom are in the room. マイクとトムは部屋にいます。|

----
<発音> &color(#FF0000){ぜ};ア

<同音語> [[their]]