トップ   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS


must のバックアップの現在との差分(No.4)



  • 追加された行はこの色です。
  • 削除された行はこの色です。
[[AAAランク]]

**must [#ldf2de11]

***助動詞 [#ac52a8ee]
 〜しなければならない

:I must study English. 私は英語を勉強しなければなりません。|

:You must not play here. あなたはここで遊んではいけません。|否定文は禁止を表す。なお must not の短縮形は mustn't で,このときは must の t は発音しない。

【注意】

must と [[have]] to の関係を理解しておこう。

必要を表す must は,< have to +動詞の原形>の形で表すことができる。

:You must go there. あなたはそこに行かなければなりません。|

:You have to go there. あなたはそこに行かなければなりません。|

他の助動詞といっしょに使うときや,過去の文のときは,must ではなく,have to を使う。

:I will have to go there. 私はそこに行かなければならないでしょう。|[[will]] must と助動詞を2つ並べることはできないので,will have to とする。

:I had to go there. 私はそこに行かなければならなかった。|must には過去形がないので,have to を使って過去の文にする。( must 自体が昔の助動詞の過去形からできた単語であるため,must には過去形がない。)
:I had to go there. 私はそこに行かなければならなかった。|must には過去形がないので,have to を使って過去の文にする。( must は motan という単語の過去形だったが,現在は motan は使われなくなっていて,must がその代わりになっている。must に過去形がないのは,must 自体がもともと過去形だったからである。)

肯定文では must = have to と考えてよいが,否定文にすると意味が違ってくるので,注意が必要である。

:You must not go there. あなたはそこに行ってはいけない。|禁止を表す。

:You don't have to go there. あなたはそこに行かなくてもよい。|必要がないことを表す。

次のように覚えておくことが大切である。

-must +動詞の原形(〜しなければならない)/ must not +動詞の原形(〜しではならない)
-must +動詞の原形(〜しなければならない)/ must not +動詞の原形(〜してはならない)

-have to +動詞の原形(〜しなければならない)/ don't have to +動詞の原形(〜しなくてもよい)

must を使った疑問文に対する答えは次のようになる。

:Must I go there? 私はそこに行かなければなりませんか。|
:/ Yes, you must. はい,行かなければなりません(必要がある)。|
:/ No, you don't have to. いいえ,行かなくてもよいです(必要がない)。|そこに行く必要があるかないかを答えるので,必要がないときは,No, you don't have to. と答える。No, you mustn't. と答えると,「いいえ,行ってはいけません。」という禁止の意味になるので,この疑問文に対する答えとしては不適当である。

 〜にちがいない

:She must be sick. 彼女は病気にちがいありません。|

【参考】

高校で学習することだが,過去の事実について述べるときは,must の後を現在完了( have +過去分詞)にする。

:She must have been sick. 彼女は病気だったにちがいありません。|助動詞は2つ続けて使えないのが原則だが,have は例外である。

----
<発音> &color(#FF0000){マ};スト